ぜーぶるの徒然旅日記 2019北海道ツーリング前編
FC2ブログ

ぜーぶるの徒然旅日記

主に土日休みを利用してツーリングしたときの日記です。キャンプ、温泉宿、良い景色、おいしい食べ物、最高ですね。

2019北海道ツーリング前編

IMGP8069.jpg

今回の北海道ツーリングは利尻礼文とホクレンフラッグコンプ中心に走ることにする。



8/23




IMGP7804.jpg

16:30仕事が終わってそのまま出発、いつもの青森自走コース



IMGP7806.jpg

いつもの長者原SA、冠舌屋



IMGP7808.jpg

夜の東北道をまったりと行く、今回通行止めとかはなさそう



IMGP7810.jpg

24:05高速を降り給油、問題なく青森港到着



IMGP7813.jpg

ここまで約700㎞、明日稚内まで約600㎞、寝よう



8/24



IMGP7816.jpg

昔長万部まで行って買えなかったかにめしが船内で売ってた



IMGP7817.jpg

朝食にしました、まぁ普通



IMGP7818.jpg

6:20下船、今日は移動メイン、行くぜ稚内600㎞!



IMGP7821.jpg

ホクレンフラッグは売ってたら買う感じで



IMGP7825.jpg

二世古酒造には絶対寄るマン!



IMGP7827.jpg

自分のとお土産を送るマン



IMGP7830.jpg

今回余市IC経由にしてみたがダンプが多く朝里IC経由のが良いと知る



IMGP7834.jpg

オロロンラインに入り昼食のすみれを目指す



IMGP7836.jpg

北のにしん屋さんのはぼろ丼うんめぇ~!疲れた体に沁みわたる!すみれ?混み過ぎで心折られました



IMGP7838.jpg

オトンルイ到着、あと少しだ



IMGP7840.jpg

天気がねぇ



IMGP7847.jpg

稚内市街に入り給油とセコマ、15:00ずぶ濡れになりながらホテル美雪到着



IMGP7849.jpg

ベッドが三つ!?まぁ広いのはありがたい



IMGP7851.jpg

ホテル代を抑えてヴァンでステーキ喰うつもりだったのさぁ



IMGP7852.jpg

一番安い6200円のコース!?



IMGP7853.jpg

+100円でガーリックライスにしました



IMGP7854.jpg

まぁ居酒屋で飲み食いしたと思って就寝、疲れた



8/25




IMGP7859.jpg

さぁこれから今旅のメイン利尻礼文!気合い入れて6:00チェックアウトし乗場へ、雨



IMGP7863.jpg

利尻礼文のフラッグが売ってる、島渡らないときはここで買おう



IMGP7869.jpg

どうせ利尻も雨さ、雨具フル装備でイス席を確保



IMGP7870.jpg

さよなら稚内



IMGP7871.jpg

いよいよ上陸、しっかしチャリばっか、一緒に乗ったライダーの人と「なんかあるんすかねぇ~」



IMGP7874.jpg

利尻島一周チャリ大会、奴らをうまく回避せねばな、利尻山神社到着、社務所に誰もいねぇので張り紙の携帯に電話したら北見冨士神社行けとのこと



IMGP7875.jpg

沼浦展望台、ここで告白するとカップル証明書が観光案内所でもらえます、相手はバイクでも良いですかね!?



IMGP7877.jpg

天気が微妙なんだよなぁ、上陸時晴れていたので雨具即効脱いだってのに



IMGP7890.jpg

オタトマリ沼、まぁ利尻山は見えんよね



IMGP7895.jpg

利尻亀一で小休止、何喰おうかなぁ



IMGP7896.jpg

うに鮨と帆立のバター焼にすっかな!



IMGP7897.jpg

こいつぁうまいぜ!そして麗峰の雫が売ってる!しかも純米大吟醸!?知らなかった、、、即購入、外は土砂降り、しばし休憩



IMGP7899.jpg

雨がやんだので出発、島の南側、仙法志御崎公園、少し晴れてきたかな



IMGP7903.jpg

チャリ大会は反時計回り、自分は時計回りなので特に問題なさそう



IMGP7911.jpg

この湧水で酒を



IMGP7914.jpg

北見冨士神社到着、利尻山神社ぶんと御朱印をいただく



IMGP7916.jpg

昼飯に利尻らーめん味楽本店へ、激混みです早目についといて良かった



IMGP7917.jpg

これは確かにうまい!お持ち帰りラーメンも購入



IMGP7919.jpg

腹ごなしに展望台いくでぇ~



IMGP7920.jpg

登るで~



IMGP7925.jpg

良い眺め!明日行く礼文島も見える



IMGP7929.jpg

利尻さんはまだ微妙



IMGP7941.jpg

戻るで~



IMGP7942.jpg

沓形埼灯台を見て温泉へ



IMGP7944.jpg

ホテル利尻の裏手が入口と駐車場なのね、少し迷ったわ



IMGP7946.jpg

和歌山の花山温泉のような茶色い温泉、露天にサウナ、ぬる湯もありゆっくりできました



IMGP7947.jpg

ミルピス飲んで~ってか無人で勝手に支払って飲んでねスタイル、結構な額置いてありました、平和やね~



IMGP7950.jpg

夕日ヶ丘展望台、これは良い眺めだ礼文島の全景も拝める



IMGP7953.jpg

下のバイクを見下ろすとカラス三羽の巣とかしていたので早めに降りる



IMGP7959.jpg

日曜で給油ができなかった、セコマよって14:30ホテル雲丹御殿到着



IMGP7960.jpg

天気は微妙だがよい眺め



IMGP7962.jpg

さっ風呂入るか



IMGP7963.jpg

こ、昆布風呂だ!



IMGP7968.jpg

今日の戦利品



IMGP7976.jpg

まぁこいつぁ癒されますわなぁ~



IMGP7980.jpg

夕食、雲丹御殿の本気が始まる



IMGP7981.jpg

八角っつてたかな、うまいね



IMGP7982.jpg

利尻昆布の天ぷらとか、まぁうまいね



IMGP7983.jpg

そりゃうまいね



IMGP7984.jpg

全部うまいね!



IMGP7985.jpg

昆布風呂に入ったり部屋で飲みなおしたりして就寝



8/26




IMGP7986.jpg

天気は良さそうだ



IMGP7987.jpg

利尻さんもよく見える



IMGP7988.jpg

猫はまだ就寝中



IMGP7989.jpg

チキンハートには無理なブランコ



IMGP7990.jpg

朝食喰って7:30チェックアウト、お世話になりました



IMGP7992.jpg

礼文行きは9:20発、さすがに早すぎた



IMGP7995.jpg

先に稚内行きがゆく



IMGP7998.jpg

礼文島行き入港



IMGP8000.jpg

さようなら利尻島、また来ることはあるのだろうか



IMGP8015.jpg

今日はすいてます



IMGP8018.jpg

10:05礼文島上陸、まずは島南側の北のカナリアパークを見て~



IMGP8020.jpg

礼文厳島神社で御朱印もらい~



IMGP8021.jpg

桃岩展望台駐車場到着



IMGP8023.jpg

猫岩



IMGP8025.jpg

桃岩



IMGP8027.jpg

利尻さん、ちょっと疲れた



IMGP8028.jpg

礼文島唯一のセコマにより金田ノ岬へ、んっ、あれは



IMGP8030.jpg

おぉ~ちょっと遠いがアザラシ発見!見られて良かった~



IMGP8035.jpg

らぱんでパン買って~



IMGP8042.jpg

スカイ岬へ



IMGP8044.jpg

良い天気と眺め!



IMGP8047.jpg

からのトド串、珍味やの~



IMGP8049.jpg

ゴロタ岬展望台に行く気力はなかった



IMGP8053.jpg

良い道



IMGP8057.jpg

良い景色



IMGP8063.jpg

良い社



IMGP8072.jpg

そして13:00念願のスコトン岬到着!



IMGP8078.jpg

お土産買ったり景色見ながら昆布ソフト喰ったりしてマッタリする



IMGP8079.jpg

15:00チェックイン、ベッド部屋じゃなかったが海が見えるしまぁいいか



IMGP8087.jpg

風呂~



IMGP8088.jpg

そういや礼文島到達証明書もらうの忘れてたわ、明日でいいか



IMGP8095.jpg

宿からだと下から本当にスコトン岬の先まで行けます



IMGP8096.jpg

夕食、そりゃうまいさ!



IMGP8097.jpg

お酒もすすみます



IMGP8098.jpg

牡蠣、帆立、ホッケだったかな



IMGP8099.jpg

部屋に戻りらぱんのパン喰って就寝、後編へ、、、




IMGP7809.jpg

津軽海峡フェリー

青森→函館、2:40→6:20スタンダード(雑魚寝)+バイクで6500円を予約して利用
今回もQRコードの用紙を印刷して持っていきスマートチェックインですぐ発券、毛布レンタル300円も利用、今回朝食に長万部のかなやのかにめしが自販機にあったので喰いました。



IMGP7824.jpg

二世古酒造

営業時間 9:00~17:00 定休日 不定休
大正5年創業、ニセコワイス山系の雪清水と羊蹄山からの噴出し湧水を使用し加水調整をしない原酒にこだわる酒蔵、地方発送OK今回も色々買って送りました。



IMGP7835.jpg

北のにしん屋さん

営業時間 11:00~15:00(LO14:30) 定休日 火曜日
羽幌町にある海産物のお土産と食堂があるお店、小平町のすみれが激混みだったのでこちらで昼食にしました。
その日のオススメの海鮮がのっているはぼろ丼1500円をいただきましたがコスパも良く大変おいしかったです、オススメ!



IMGP7850.jpg

ホテル美雪

じゃらん限定【早期特典60】60日前のご予約deミネラルウォーター付≪素泊り≫【旅して応援!】で予約し一泊素泊まり8000円で利用しました。チェックイン15:00~24:00、チェックアウト10:00
稚内にあるビジネスホテル、ビジホとしての設備は揃っています、バイク駐車場はホテル建物脇で屋根はない
ホテルに大浴場があるドーミインは直前まで安くならないようなので、どちらにするかは旅の計画次第でしょうか



IMGP7855.jpg

ステーキハウスヴァン

営業時間 18:00~20:00 定休日 第1第3月曜日
2012年北海道ミシュラン特別ガイドで一星の稚内にある宗谷黒牛のステーキの専門店、一番安いAコース6200円を+100円ガーリックライスに変更していただきました、ミディアムでいただき脂が甘くおいしかったです。



IMGP7858.jpg

ハートランドフェリー 稚内港のりば

稚内→鴛泊(利尻)、7:15→8:55、2等2500円バイク750㏄以上6160円の8660円で利用しました。
建物内の売店では利尻礼文それぞれのオリジナルライダーフラッグも売っています。
乗船時間も短いので先にくつろげる場所を確保しゆっくりするのがおすすめです。



IMGP7873.jpg

利尻山神社

明治9年3月1日に村社に許可され、山の神・海の神・食物の神の3つの神様が祀られている神社
御朱印は社務所が不在で案内に電話したら北見冨士神社でいただけるとのことでした。



IMGP7879.jpg

沼浦展望台

2014年6月に石屋製菓の協力によって誕生した利尻富士、オタトマリ沼、沼浦海岸、日本海を挟み北海道本土を一望できる展望台。北海道の銘菓「白い恋人」のパッケージはここから眺めた利尻富士が描かれています。



IMGP7889.jpg

オタトマリ沼

アカエゾマツの原生林に囲まれた自然豊かな美しい沼、条件が合えば逆さ利尻富士に出合えるそうです、2018天皇陛下もご訪問されました。



IMGP7894.jpg

利尻亀一

営業時間 8:30~17:30 定休日 無休
オタトマリ沼にあるお店、中ではお土産、飲食ができかなり充実しています、探す予定だった麗峰の雫(日本酒)の特別純米酒と純米大吟醸もここにあり利尻島でお土産を買うならここが一番良いです。食事はうに寿司とホタテのバター焼きをいただきました、オススメ!



IMGP7912.jpg

北見冨士神社

享保年間、沓形港の西の岬に創祀したと伝えられ北見富士権現と称し漁場の鎮護として奉斎。
利尻島の西側、利尻町沓形にある神社でここで利尻山神社の御朱印と2ヵ所ぶんいただけます。



IMGP7915.jpg

利尻らーめん味楽 本店

営業時間 11:30~14:00 定休日 木曜日
こちらも沓形にあるミシュランガイド北海道2012、2017特別版にのったラーメン屋、日曜に行ったせいもあり大変混んでいました、開店前に入口にある人数表に書き込んでおくシステムで駐車場も限られているので早めに行くことをお勧めします。
焼き醤油らーめんと餃子を食べましたが確かに利尻昆布の出汁が効いていて大変おいしかったです、あとお土産用のラーメンも売ってました、オススメ! 



IMGP7923.jpg

利尻山見返台公園

利尻山の5合目にあたる標高450メートル地点に駐車場があり、展望台からは利尻山と裾野に広がる深い森林、眼下には礼文島など海の景色が楽しめます。



IMGP7943.jpg

ホテル利尻 利尻ふれあい温泉

料金 大人 550円 営業時間 午後1時~午後9時(受付は午後8時30分まで)
こちらも沓形にある炭酸水素含有量は国内トップクラスの茶褐色の温泉、日帰り入浴の入口と駐車場はホテル利尻の裏手にあり、わかりずらいので注意しましょう



IMGP7948.jpg

夕日ヶ丘展望台

利尻島の北側にある展望台で砂利の駐車場から登っていきます、自分の行った展望台の中では一番景色が良かったです、オススメ!



IMGP7957.jpg

ホテル雲丹御殿

じゃらんの◆≪生ウニ付≫【早期割】28日前でお得★海の幸を満喫しよう♪【夕朝食付】プランで予約、一泊2食25380円で利用しました。チェックイン15:00~17:00、チェックアウト10:00
バイク駐車場は駐輪スペースに少し屋根がある場所がありました、部屋は普通のツインルームで海が見えます、お風呂には利尻昆布が浮いており持ち上げてみると結構昆布の香りがしました、夕食はまぁ雲丹御殿の名に恥じない雲丹尽くしの料理でうまかったです、あと宿には人懐っこい仲良しな犬猫がおり癒されました。
料金は高いですが雲丹が高いので値段相応だと思います、めったに来れない利尻ですし一度は宿泊してみても良いかもしれません。 



IMGP7956.jpg

海の駅おしどまり (鴛泊港フェリーターミナル)

鴛泊(利尻)→香深(礼文)、9:20→10:05、2等910円バイク750㏄以上3080円の3990円で利用しました。
バイクの駐車場は建物東、海側にあり中には観光案内所などがあります、建物西側には土産物屋とレンタカー屋などがあります。



IMGP8019.jpg

礼文 厳島神社

文化5年、宗谷場所の請負人藤野喜兵衛が奉還し祠を建てたのが創祀といわれている礼文の花をモチーフにした天井画が有名な神社、途中にある社務所で御朱印もいただきました。
駐車場がないので神社前の狭いスペースにバイク1台ならはかろうじて停められます、砂利の駐車場は隣の旅館のなので停められません。



IMGP8022.jpg

桃岩展望台

礼文島にある展望台、桃岩、猫岩、利尻山と見渡せます、大型バス以外はトイレのある桃岩展望台駐車場まで行けます。



IMGP8034.jpg

金田ノ岬

船泊湾をはさんでスコトン岬の反対側に位置する岬、1990年代後半からアザラシ見物の名所となっているようで今回運よく見ることができました。



IMGP8041.jpg

澄海岬

礼文島の中で最高の透明度を誇る美しい入り江が魅力の岬、映画「北のカナリア」のロケ地として撮影が行われた場所で、展望台からは弧を描く海岸線と断崖絶壁の風景が見られます。



IMGP8048.jpg

澄海岬観光売店

営業時間 8:00~17:00 定休日 冬季休業
澄海岬展望台駐車場にあるお土産屋兼食事処、トド串が有名で一本いただきましたが臭みの少ない柔らかく食べやすいクジラ肉のようで珍味でした。



IMGP8051.jpg

トド島展望台

江戸屋山道という礼文島最北端スコトン岬とゴロタ岬の間にある道の展望台。トド島や礼文島北部の景色を堪能できます。



IMGP8068.jpg

スコトン岬

礼文島最北限の岬、晴れた日には樺太が望める。スコトンとは、アイヌ語で、シコトン(大きな谷)・トマリ(入江)=「大きな谷にある入江」という意味だそうです。
駐車場、トイレ、島の人礼文島本店、民宿スコトン岬があります、こちらの方では今回残念ながらアザラシは見れませんでした。



IMGP8076.jpg

島の人 礼文島本店

営業時間 7:00~17:00 定休日 4~10月のみ営業
礼文島最北限にあるお土産屋兼食事処、お土産自体レブニーズHPからオンラインショッピングできるが現地にしかないものもチラホラありました、発送は離島からなのでそれなりに日数がかかります。



IMGP8071.jpg

民宿スコトン岬

直接電話して予約、一泊2食12960円で利用しました。
部屋にはトイレバス洗面所エアコンはありません、洗面所トイレなど共用です、無料のマッサージチェア有、自販機有、お風呂は一度外に出て別棟になりますので雨の日とかは大変かな、山側のシングルベットの部屋を予約していたが実際は海側の和室でラッキーでした。
夕食は牛と雲丹の陶板焼きなど色々大変おいしかったです、ただ宿が断崖にあり駐車場からの道が急な階段なので足腰が弱い人は厳しいと思います、バイク駐車場は手前の島の人礼文島本店脇、トイレとの間のスペースで屋根はなしです。



IMGP8408.jpg

前編まとめ

初めての利尻礼文、フェリーはバイク予約できないので気張って一時間以上前に乗場に行ったりしてましたが30分前くらいでも多分平気です。
バイクだと一周できる利尻島のほうが良かったかなぁ、礼文はトレッキングが楽しそう、あと利尻島礼文島両方でいえることですが、ハイオクを扱っているガソリンスタンドが少ないので島でハイオク給油する際は事前にスタンドを調べておいたほうが良いです。
麗峰の雫の純米大吟醸、、、大切にしよっと

以上
スポンサーサイト




旅日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2019北海道ツーリング後編 | ホーム | 2019貝掛温泉ツーリング>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |