ぜーぶるの徒然旅日記 2014年05月
FC2ブログ

ぜーぶるの徒然旅日記

主に土日休みを利用してツーリングしたときの日記です。キャンプ、温泉宿、良い景色、おいしい食べ物、最高ですね。

2014岩木山ツーリング

2014岩木山ツーリング

一度は登ってみたかった津軽岩木スカイラインへ行くことにする。


5/9
16:40出発→玉村スマートIC→(国見SAで給油、紫波SAで給油と夕食)→大鰐弘前IC→7→260→25:00弘前国際ホテル着


仕事が終わってからそのまま出発、今回は新しくできた玉村スマートICから高速に乗る、うん、こちらの方が高崎ICより早いな

いつもの高速、いつもの遠乗り、国見SAで給油のみ行いひたすら北上する、やっぱ天気悪くなってきたなぁ

紫波SA 下り

2回目の給油、紫波SA到着、さすがに雨も降ってきたので夕食と休憩
まぁ24時過ぎないと高速が安くならないのでここで時間調整、雨も本降りにはならないようなので合羽は着ないでこのまま出発

高速を降り、近くの反対車線にある24hエネオスで給油とまたまた時間調整休憩
ホテルが25:00以降チェックインの格安プランだからだ

弘前国際ホテル 夜

駐車場はホテルの裏手、場所よく調べといてよかったわ

弘前国際ホテル シングル

すぐ近くにこの時間でも営業しているとんこつラーメン屋があるのだが、流石にそんな元気もなくシャワーを浴びてサッパリして就寝


5/10
9:00弘前国際ホテル出発→28(りんご公園)→アップルロード(林檎の森)→3(岩木山神社、野風パン)→津軽岩木スカイライン→3→14:00嶽温泉 山のホテル着

よく寝た、流石にまだ節々が痛い
そういえばチェックインの時、学生の団体がいるので朝食は遅めの方がいいですよとか言ってたっけか、、、、まぁいっか早く出発したいし早く喰おう。

弘前国際ホテル 朝食

ははっ学生しかいねー、まぁでも喰い終わったところみたいだしちょうどいいや
さすがに870円払っただけあって品数豊富でうまかった、昼飯は喰わない予定なのでここで食いだめする。

弘前国際ホテル 駐車場

屋根付き駐車場はありがた~い、天気も晴れそうだ、出発

りんご公園 売店

まずは弘前、りんご、シードル!ということで、りんご公園でキモリシードルとアップルブランデーなど購入!しっかしなんかイベントやってるのかしらんが混んでるし、バイクはアホ誘導員に狭い駐輪場に停めさせられるし、少しがっかり

アップルロード りんご畑

林檎の森周辺で買出しをすませアップルロードをいく、天気は快晴、りんごの花もきれい、最高!

岩木山神社 狛犬 左

岩木山

岩木山神社 狛犬 右

神社

岩木山神社

到着、旅の無事を祈る、おみくじ第一番大吉!

世界一の桜並木

桜並木到着、岩木山神社もそうだったがギリギリ咲いとります。

世界一の桜並木 5月

1週間後とかだったらやばかったかな、よかったよかった

さぁ津軽岩木スカイラインいくかぁ、1000円握りしめて行ったら入口でおっちゃんが「JAFカードある?」割引されて800円になったラッキー、でも山の上のほう雲がかかってるんだよなぁ

津軽岩木スカイライン

69ものつづら折りをぬけ登った先はガスった世界

津軽岩木スカイライン リフト

あきらめきれんよね、リフト乗ろう!上の方は晴れているかも!

岩木山

ですよね~子供連れも諦めて帰ってった
しかしこの風、この天気、少し待とう

岩木山 雲海

よし、晴れてきた!

岩木山 山頂

粘り勝ちや~しっかしガスが晴れる瞬間最高ですな

津軽岩木スカイライン 駐車場

まだ少しガスってはいるが、到着時よりは大分ましですね

津軽岩木スカイライン 眺め

さすがに海や北海道までは見えなかったが、良い景色だ、、、宿に行くか、、、

嶽温泉 山のホテル 部屋

嶽温泉 山のホテル到着、少し早く着いたが快くチェックインさせてくれた、こういう宿は好き

嶽温泉 山のホテル 温泉

まずは温泉じゃー!

嶽きみシェイク

よく温まるいい湯だった、風呂上がりに嶽きみシェイクうまー

嶽温泉 山のホテル 夕食

また温泉入ったりマッタリしたりして夕食開始!

嶽温泉 山のホテル マタギ飯

マタギ飯ウメ

嶽温泉 山のホテル 刺身

刺身!

嶽温泉 山のホテル 地酒

地酒!ここからが本当の地獄だ…

嶽温泉 山のホテル 鹿陶板焼き

別注料理その1、鹿陶板焼き

嶽温泉 山のホテル 熊鍋

その2、熊鍋

嶽温泉 山のホテル 兎ぴょんぴょん焼き

その3、兎ぴょんぴょん焼き

嶽温泉 山のホテル 岩魚

やばい、、、イワナもあったん忘れてた、は、腹が、、、

最後にデザートをねじ込み完全KO、温泉入って正露丸飲んで就寝



5/11
9:00嶽温泉 山のホテル出発→3→アップルロード→127→7→大鰐弘前IC→前橋IC→15:00帰宅


嶽温泉 山のホテル 脱衣所

昨日はさすがに喰い過ぎたが正露丸が効いたようで快眠、まずは温泉へ

嶽温泉 山のホテル 温泉 内湯

名残惜しいがこの良泉ともお別れだ

嶽温泉 山のホテル 朝食

うまい朝食、うん、うまい朝食だ

嶽温泉 山のホテル 駐車場

チェックアウト、帰ろう、、、先は長い

嶽温泉 山のホテル 快晴

今日は雲一つない一番の快晴、岩木山登れば最高の景色っぽいなぁ~残念

快晴のアップルロードを進む、雲一つない岩木山、りんご畑を拝みつつ弘前をあとにする
高速に乗り快晴、無風、快走で無事帰宅




弘前国際ホテル

弘前国際ホテル

じゃらんでミッドナイトタイムサービス25:00~チェックインジングル素泊 3000円を利用しました。
駐車場はホテル裏手のタイムズルネスアベニュー駐車場を1台1泊 500円で利用でき屋根があるところもあります。
朝食は前日までの予約で870円、これがまた品数も多くおいしかった。
部屋も綺麗で弘前周辺観光には利用しやすいと思います。



りんご公園

りんご公園

営業時間 9:00~ まぁ林檎畑の中にある施設群です、観光バスなどでごったがえしてました。
シードルとお土産を買うためにより、キモリシードルとアップルブランデーを購入
シードルなどリンゴ関連のお土産を買うには良いでしょう。



林檎の森

林檎の森

営業時間 8:00~ JAの直売所といった感じで、惣菜や地酒なども売っています、地元周辺の人達が利用する感じでしょうか
あと嶽温泉に行く場合この周辺にあるローソンやスーパーが最後の買出しポイントになります、注意しましょう。



アップルロード

アップルロード

天気が良ければ岩木山を臨みながらをりんご畑の中を快走できます、オススメ



岩木山神社 入口

岩木山神社

神社の参道が岩木山の登山道の1つとなっており、この神社の奥宮は岩木山の山頂付近にある
そうです。
立派な神社で桜もギリギリ咲いており、逆立ちの姿勢の狛犬もちゃんといました。
駐車場は入口にある看板が紛らわしいですが、空いていれば目の前に停めて問題ないと思います。
お札などを購入、あとチリンチリンアイスも売ってました。



野風パン

野風パン

営業時間  9:00~17:00 定休日 月曜日
天然酵母をつかい石窯で焼く手作り食事パンの店、惣菜パンや菓子パンなどはないです。
全粒粉パン 600円、ミルクロールパン 300円を購入



世界一の桜並木 弘前

世界一の桜並木

弘前市内から嶽温泉に通じる県道3号沿いなどに、オオヤマザクラを中心に約6500本の桜が総延長20kmにわたり植えられています。
ちょっと行ったのが遅かったようでしたがまだ咲いてました、3号線から逸れたところがメインのようなのでよく調べてから行ったほうが良いです。



津軽岩木スカイライン 入口

津軽岩木スカイライン

岩木山の八合目まで続く有料道路、バイクは往復 1000円ですがJAFカードを見せて 800円でした。
69回のつづら折り連続道路で路面も微妙、八合目には駐車場と頂上付近へ向かうのリフト、ちょっとした展望施設(少しのお土産、休憩所、トイレ)があります。
リフトに乗り頂上付近にも行きましたが、山登りなどが目的でない限り乗ったところで何もないです。
重要なのは岩木山にガスがかかっているかどうかです、自分も始めは何にも見えませんでした。
ただ晴れていれば最高の眺望なので、下界でよく確認してから行くか決めましょう。



嶽温泉 山のホテル

嶽温泉 山のホテル

じゃらんでセルフプラン(布団を自分で敷く)一泊二食 12000円を、じゃらんポイント6200使って利用しました、入湯税 150円
風呂、ウォシュレットトイレ付の中々良い部屋でしたが、唯一冷蔵庫がないのが残念でした、あとカメムシが窓内に数匹入ってきたので備付のガムテで駆除、宿側も色々カメムシ対策はしているようです。
温泉は24時間は入れて内湯のみですが、乳白色の文句なしの良泉です。
夕食、朝食はともにおいしかったのですが、別注のジビエ料理は好みが分かれるところでしょう。
熊鍋、鹿陶板焼き、兎ぴょんぴょん焼きを食べましたが、中でも熊鍋は中々の獣臭でした。
お土産はマタギ飯の素など色々あり、外で売っていた嶽きみシェイクも高いですがうまかったです。
津軽岩木スカイライン入口から近いので、岩木山を登るときは利用してみるのも良いかもしれません。




キモリシードル

まとめ

岩木山は少し晴れたので良かったです、アップルロードのりんごの花もきれいでした。
概ね晴れたツーリング、シードルも買えたし目的達成!
、、、遠乗り疲れた、次は近場でキャンプにします。


以上
スポンサーサイト



旅日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |