ぜーぶるの徒然旅日記 2009年05月
FC2ブログ

ぜーぶるの徒然旅日記

主に土日休みを利用してツーリングしたときの日記です。キャンプ、温泉宿、良い景色、おいしい食べ物、最高ですね。

2009下北半島ツーリング

2009下北半島ツーリング

日曜日は雨のようだが自分の限界を知るため、本州最北端の地を目指し北上することにする(せっかくETC1000円だし~)

5/15
17:00出発→高崎IC→太田桐生IC→50→佐野藤岡IC→吾妻PA(給油と夕食)→岩手山SA(給油)→八戸IC→25:30はちのへゆーゆランド着

仕事が終わりそのまま出発、今日の目的地は八戸だがきつそうなら途中のSAなどで野宿だなぁなどと考えつつひたすら北を目指す
楽しかったのは吾妻PAで夕食を喰うまでだった、疲れが出始めおまけに高速の電光掲示板の気温は0℃を表示
そこからは八戸に着けば温泉と仮眠室がまっているというのを糧に、気合と半分はもう意地になってはちのへゆーゆランドにAM1:30到着
温泉に入ってAM3時にはシアタールームで爆睡

5/16
7:00はちのへゆーゆランド出発→45→338→248→172→6→尻屋崎→6→266→279→大間崎(昼食)→279→4→14:00国設薬研野営場着

尻屋埼灯台

温泉と疲れと耳栓のおかげか3時間ほどだが熟睡できたようだ、しかし肩、尻などがいろいろ痛い、温泉に入ってマッサージ器でほぐれてから出発
天気は快晴、しばらくすると風力発電機がたくさんあり眺めつつ進む
尻屋崎へ向かうため248にはいると快適な二車線の道で他の車などにはほとんどあわず快適快走
尻屋埼灯台に行くためのゲートを通り到着、いい景色だ
できることならここでテント張って一泊したいなどと考えつつ今度は大間崎へ
対岸の北海道を眺めながら海沿いを走り本州最北端である大間崎に到着、以前車できたことはあったがずいぶん昔のこと、今回はバイクだ
海の向こうには北海道、いつか必ずバイクで行こうと心に誓う
そうこうしていたら時間もお昼、かもめ食堂でうに、いくら、あわびの丼(2000円)を喰う、高い?がうまい!
おみやげと夕食用にマグロの漬け弁当(1000円)や地酒を買い大間崎を後にする
来た道を少し戻りコンビニで食料などを調達し国設薬研野営場に到着
テントを設営し奥薬研温泉へ、まずはカッパの湯少し混んでいたがそこそこ広いので入湯
奥薬研は温泉が狭く行きは混んでいたのでスルーしたが帰りに見ると誰も入ってない、チャンス!とばかりにバイクを道端に停めるとヒゲモジャ外人チャリオジサンが自分に親指を立てて今あいたぜ的なサインを送る、ありがたく入湯こっちのほうが熱かった
キャンプ場に戻り夕食まで少し寝て起きると茂みの中でガサゴソ音がする、よく見ると牡鹿のようだった
後は喰って飲んで就寝、携帯電話のバッテリーが切れてしまった、、、

5/17
6:00国説薬研野営場出発→4→恐山→4→279→24→338→45→下田百石IC→長者原SA(給油と昼食)→上河内SA(給油)→佐野藤岡IC→50→太田桐生IC→前橋IC→16:30帰宅

奥薬研

夜中騒いでいたのもいたようだが耳栓と疲れと酒の力で熟睡、やはり雨が降りそうなのでとっとと出発
恐山を眺めつつ硫黄の臭いを嗅ぎながら走る、高速に乗るといよいよ雨は本降りへ、、、カッパを着てひたすら進む
途中長者原SAで昼食、雨だというのに混んでるなぁ~牛タン丼と牛タンソーセージブリトー?を喰い休憩終了
行きも寒さでつらかったが帰りも雨でつらい、長距離の高速は余裕をもっていきましょう、、、無事帰宅!


まとめ


はちのへゆーゆランド
はちのへゆーゆランド

またの名を新八温泉、24時間のスーパー銭湯で個室(一泊4500円)などもあるが耳栓があれば仮眠室で十分だ(すごいいびきのオヤジがいたが自分もするのでお互い様)料金は1260円+深夜840円で2100円だがJAF会員証を見せると割引してくれる
フロントでヘルメットなど大きな荷物は預かってくれるので大変ありがたいオススメ!


尻屋崎
尻屋崎

ゲート通過して入る、中には寒立馬がおり草原は糞が地雷のようにたくさんあるので注意
灯台の所にみやげもの屋が1軒あるだけで大変景色が良いところです


大間崎
大間崎

本州最北端の地碑がありみやげもの屋や食堂、民宿またすぐ裏手に無料のキャンプサイトがありフェリー待ちのキャンパーなどが利用するようです、住宅地の中の公園って感じです


かごめ食堂
かごめ食堂

マグロとかイカやウニなど数種類を組み合わせた丼がたくさんありました、何を注文するか迷います


国設薬研にいた鹿
国設薬研野営場

500円で利用でき奥薬研温泉が近いので便利、入口からダートですが固いのでオンでも問題なし、直火禁止だが焚火台などもって行けば薪や炭も売っているので焚火ができます


下北半島の道はきつい所もありますがほとんどは快走路、特に338の途中から248、172、6、266はよかったです
しばらくは遠くには行きたくないけど今度行くときは余裕を持って(日数的に)行こうと思う旅でした

以上

↓応援ポチッと、うれしいなぁ~(´・ω・`)

スポンサーサイト
旅日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |